誰にでも出来る!大将の株式投資手法


大将です。

本日はついに「ガンホー」を購入しました。

理由は13年12月期の連結営業利益が前期のほぼ10倍の900億円というニュースを日経新聞がすっぱ抜いたことを好感しての購入です。

このニュースが本当ならば、現在の時価総額7672億円、PER93倍という株価も

「利益1000億円としてもPER10倍で一兆円だぜ?!」

・・・というシンプルな理由です。

パズドラはやはり非常に強いコンテンツであり、いまだにうちの嫁さんと子供が一生懸命やってるのを見ると「すごいなぁ〜」と思わされる次第です。子供も一度は違うゲームに流れたりするのですが、やはりパズドラに戻ってくる。そういう強さがあります。

同時に最近6ヶ月のチャートから、もし読みが間違えていたとしても最大損失30%と計算しましたので、まぁ投資する価値はあるだろうなと。
 

【誰にでもできる大将の投資手法】

僕の投資手法は「いくら儲かるかも?!」

・・・はあまり考えておらず、

「いくら損するかも!?」

・・・で考えてます。

現在の株価と直近6ヶ月の最安値の値幅を計算し、20%〜30%の値下がりリスクなら材料があれば負う、という感じです。10%以内ならばホント気楽に買います。

利益が出る時は勝手にどんどん伸びるのでどちらかと言えば放置です。基本姿勢は長期保有です

売るタイミングとしては時価総額で決めることが多いです。

感覚に近いですが、同じような時価総額の会社を見て、「さすがにこの会社を超える時価総額はおかしいな。」という感じで売り時を決めます。ゴールデンクロスとか、投資のカッコいいテクニカル分析はしません。というか知りません。

最近では一度急上昇した銘柄は途中で何度か上げ下げを繰り返すので、この波に乗ってみるというのも始めました。わかりきってる上下の動きで利益を出せたら嬉しいなと。mixi株は2000円台で手に入れて以来、何度か取引して利益を出しております。

しかしミスするときもあります。今回のmixi株は買うタイミングと売るタイミングをミスりました。一時は僕の読み通りの価格になったのですが、「ん?まだ上がる?」と欲を出しホールドしてしまった為に逆に動いてしまうという投資あるあるです(笑)

今から買う人には本日の価格6000円はオススメです。mixiは上限7200円ぐらい時価総額1000億円をうろうろする銘柄だと思ってます。そしてさらに上に行く可能性も秘めてます。(投資は自己責任でw)

本当なら買い増したいところですが、同一銘柄に資金を突っ込みすぎるリスクを嫌って我慢することにします(涙)しかし必ず戻ると思っています。戻らなかったら文字通り泣きますw


​・・・非常にカンタンですよね。

僕のやってることはこれぐらいです。

特徴は「利益を考えず損失を考える。」ということかもしれません。

普通は「利益がいくら出たら売る!」というのがあるかもしれませんが、僕は「損失がいくら出たら売る!」です。利益は後でついてくると思ってます。きちんと良い会社に投資してください。未来(将来)がある会社かどうかが大切です。

mixiの場合、

・株価はすごく低い水準だった
・ネットで話題になるぐらいリストラを断行した。
・社長が変わった。
・ソーシャルゲームを独自で作る経営方針を出した
・mixiというブランドにこだわらない方針を出した

これらの理由から吹き上げた瞬間に迷わず購入することができました。これも事前準備ができていたからです。mixiの新社長が非常に優秀で腕力があると知っていて、あとは材料(モンスターストライク)だけだったのです。

こういった情報は事前に調べて準備しておくのは大切だと思います。偶然ウェブシャークもネット企業ですのでここらへんの情報に困ることはありません。

投資は自分の詳しい業界に絞ったほうが良いと思います。
知らない事をやっている知らない会社は買ってはいけません。

さてさてガンホーはどうなるか。
2月3日に発表があるそうなので楽しみです。

不安はそんなに無いですね。
損失が一定確定してますので。

この感覚はポーカーで学びました。またその話は次回。

ガンホー【買い】679円 (本日終値664円) ×30000株


PS:弊社のドリルダウン検索技術を利用して賃貸オフィス検索サービス「直球!オフィス検索」をリリースいたしました。こんなに直感的な検索サービスは他に無いと思います。是非一度遊んでみてください!


投資家大将?


誰も見てないことを前提にいろいろやりましょう(笑)

大将です。

僕は現在ウェブシャークという会社を運営しつつ、飲食店2店舗(大阪:高槻店枚方店)、その他エンゼル投資など、投資家としての活動も行っております。もちろん株式市場での投資も

とはいえ、「実業も投資も商売。」と考えておりますので、僕の重要な仕事の一つです。またこの考え方に関してはどこかで書きます。

facebookで株式投資について書くこともあるのですが、どうも反応がいまいち、というか買う株買う株ほぼ全部が上昇してしまうので、なんとなく「自慢か」みたいな空気になってしまいます。しかし利益が出てしまうものは仕方がないですよね。

そこで、このブログに株式市場の売り買い情報を掲載したいと思います。備忘録的ですね。「誰か見てるかも?」と考えるだけでモチベーション上がります。皆さまの投資ライフのお役に立てれば幸いです。

本日は結構動きがありました。

【売り】クックパッド(損切り)
#スクウェア・エニックス購入資金を作る為

【買い】スクウェア・エニックス @1,848円
#お陰様で本日ストップ高のようです。3営業日ぐらいは続くのでは?

【売り】オムロン 3670円→4250円(利益確定)

【売り】ソフトバンク (損切り)-10%ぐらい

【売り】パナソニック(利益確定)+140%ぐらい


クックパッド以外、大きい会社の株を一気に売りました。パナソニックやオムロンは半年以上持ってた株でしたが、ちょっと動きが変だな?と思い、一度利益を確定させてみました。ソフトバンクはディフェンシブのつもりだったのですが、損切りラインを下回ったので売却です。しかしまた買うと思います。

【現在の大将銘柄】

クルーズ (非公開)
ケイブ @3355円
サイバーエージェント @1941円
バンダイナムコホールディングス @1493円
ミクシィ @6990円
モブキャスト @1358円
オルトプラス @2539円
ドリコム @263,990円
KADOKAWA @3455円
スクウェア・エニックス 1,848

パナソニックやオムロンを売ってしまったので、すっかりソーシャルゲーム銘柄ばかりになりました。しかしそれぐらい熱い業界ですねソーシャルゲーム業界は。うちはIT企業のくせにソーシャルゲームとか全然興味なかったのですが株式投資をやり始めて途端に興味津々です。

ウェブシャークがゲームを作るかどうかわかりませんが、ウェブシャークの成長はこれらの銘柄とも連動しますのである意味ソーシャルゲーム事業を行っているのと同じです。株式投資のこういう考え方って大事だと思っています。ギャンブルをやってるわけではないのです。実際に人間が行っている会社に投資家として投資しているのです。

未来ある会社だと信じて。

また機会がありましたら僕の投資手法をご紹介します。
とはいえそんなに難しいことはしてませんが。
ただ、一般の考え方とは逆ではあると思います。

商売よりも株式投資歴のほうが長いので、やっとこのポジションに立てたという感じでしょうか。でも真剣に取り組み始めてまだ半年ぐらいですので、まだまだです。


相手のスキルを読む。


フリマアプリGsale.meのアプリランキングが20位圏内に入り上機嫌な大将です。ちょっと風向き変わってきましたね。カテゴリは「ビジネス」なのですがどうやら「カタログ」がフリマ系アプリの総本山っぽいのでそこで1位狙います。広告費ほとんど使わずよく頑張ってます(ニヤリ)

さて、突然ですがポーカーの話。

僕はテキサスホールデムというルールのポーカーが趣味でそろそろ4年ぐらい経過します。やり始めた当初は誰も「はぁ?」みたいな感じだったのですが、最近ではIT業界でもプレイする人達が増えてきて嬉しい限りです。海外でも投資家のウォーレン・バフェットやザッポスの社長などもポーカーを趣味にしておりポーカーがただのギャンブルではないということを教えてくれてます

4年もやってますので実績もそこそこ出しており、AJPC2012(全日本ポーカー選手権)で全国17位、関西有名トーナメント「AA(ロケッツ)」で準優勝、大阪「ポーカークラブM」で"月曜日の王様"という謎のタイトルも持ってます(笑)。昨年は1ヶ月ほどラスベガスで行われたWSOP(ワールドシリーズオブポーカー)にも参加していました。

「テキサス・ホールデムって何?」

と思う方は「ポーカー道」を御覧ください。ポーカー業界では有名なサイトであり、Gsale.meのリーダーをしている岸村(ポーカーネーム鮫肌)が趣味で作成しているサイトです。

●●●

さて、ポーカーは人生やビジネスを疑似体験させてくれる僕にとって非常に貴重なゲームなのですが、そんな中で「なんでそんなことできるん?!」というプレイをする人がいます。

僕のレイズ(上乗せ)にオールイン(全額投入)を被せてきたりなど。(これはカンタンな例ですが、複雑な例を書くと専門的になりすぎるのでw)

ポーカーやり始めた当初はもう意味不明で頭パニック。「この人が何を考えてるか全然わからない!」という状態でしたが、4年間様々なゲームをこなしてくると多くを理解できるようになってきました。

要するに理解できなかったのは僕のスキル不足

だったわけです。

そんなプレイをする人にもしっかりとした理屈があり、それを理解できなかっただけの話なのです。僕はこれを、

「商売も同じだなぁ〜」

と、思いました。

で商売で同じ社長同士でも理解に苦しむ意味不明な事をする人がいます。しかしそんな彼の行動を「あいつアホちゃうw」で片付けてしまうと自身の成長は無いのではないかと思いました。もしかしたら自分のスキル不足かもしれないからです

ソフトバンクの孫さんの考え方なんてハッキリ言って僕には全然わかりません。以前無理な資金調達でVodafoneを買収した時も世間からは「なんて無茶!!」などと言われていましたが、いまやしっかりと携帯キャリアとしての地位を確立し世界に羽ばたいています。

孫さんの実力を見誤った例と言えます。

しかしそんな孫さんの商法でも、スキル的に孫さんに近い、上の方の人達には彼の行動が理解できたりするのかもしれません。

ポーカーではテーブルに座る人達を観察する必要があります。その中で「あいつは強いから戦いは避けよう。」とか「あいつはフィッシュ(カモ)だから奪えるだけ奪ってやれ」など人によってプレイを変える必要があります。そうしないと負けてしまうからです。

商売も同じで、自分と相手どちらのスキルが高いかを見破ることができれば、素直に学べたり、戦いを避けたりできるようになるのではないでしょうか。「学べる」というところが一番のポイントかもしれませんね。そうすれば商売もポーカーと同じで必ず強くなれると思います。

孫さんの商法が理解でき、実践できれば孫さんに近づけます。

これは当たり前のことだと思っています。会社の規模は経営者の実力を表します。僕なんてまだまだということです。