「積算型と逆算型」の人間性の違い。


最近の居酒屋トークはもっぱら「お金に対する考え方」についてが多いのですが、わかってきたことは「積算型と逆算型」という人間性の違い。


例えば「目標売上1000万円!」と指示した場合。


積算型の人間は自分に出来ることを積み上げ始める。そしてそれらを合計した結果、当然目標に届かない。そこで「社長!無理です!無茶です!」とか言われる。そういう人から出てくる計画書は「無理であることを俺にわからせる資料」となる(笑)
 

逆算型はこう考える。「1000万達成する為にはこの商品を1000個売ればいい。現在の力では600個しか売れないので残り400個をどうやって売るか。手段は問われてないのでアルバイト雇って今の販売方法を2倍にすれば達成はできそうだ。」など。
 

もう一つ別のケースで、
「予算は1000万円!」と指示した場合

 

積算型はその事業を行う為に支出するお金を積み上げ始める。不思議なことに結果は必ず予算をオーバーする(笑)。そして「社長!予算が足りません!もっと追加してください。なぜなら・・・」となる。そして社長は予算オーバーの正当性を語られることになる

逆算型の人間は「1000万しかない。必要な支出はこれだけある。それだとオーバーしてしまうので、不要と思われるこの部分を削減し、ここはこの方法で補い、ここは・・・」という風に考えて必ず予算内で抑える。

そもそも社長が「目標1000万!」とか、「予算1000万!」という時、必ずなんらかの根拠がある(一般的には)。ギリギリ達成可能な額を考えて言ってるのだが、積算型からは必ず「無理」という回答が返ってくる。

この考え方の違いはキチンと教育すれば理解してもらえる話だと思っていたのだが、どうやら最近「教えても無駄な部類の話」じゃないかと思い始めている。根拠は実体験でいろいろあるのだが、どちらかと言えば育ってきた環境であるとか、親御さん自身のお金に対する考え方・行動などが色濃く反映している気がする。ロバート・キヨサキの「金持ち父さん・貧乏父さん」ではないかと。

仕事での積算型の人の考え方は上記の通りだがプライベートでも同様で、必要な物は必ず買ってしまうので当然支出も多くなる。仕事同様に予算から逆算しないので当たり前のように予算オーバーしてしまうことになる。そうすると当然貯金は少なくなり、借金に手を出さざるを得なくなってしまう。

しかし積算型というスタイルは変わらないので支払額が収入を超えるその日まで消費スタイルは変わらない。いや、もしかしたら収入より支払額がオーバーしたところで積算型の思考「これは絶対に必要だから!」といって買ってしまうのかもしれない。いや、ほぼ間違いない気がしてきた(汗)

借金に対しての考え方は「今が楽な方」を選ぶ傾向にある。将来的に大きな利息を払うことになっても「今が安いならそれでいい」と考えズルズルと元金が減らない返済を続けてしまう。未来を見て「最初は苦しいが、後々楽になる!」というチョイスが何故かできない。(何故だ??必要なものを買えなくなるからか??)

積算型を逆算型に「教育ができない」と決めつけるならば経営者としては出来るだけそういう人を雇わないか、重要なポジションに付けないようにしなければならない。そうしなければ金がいくらあっても足りない。採用の段階でそういうのを見破る最適な質問はあるだろうか。

今度採用することにした青年にいろいろ質問したが、採用の決め手となった俺からの質問は「いま、貯金いくらしてるん?」だった。彼からの回答は「数百万です。別に使うこと無いので」で採用。彼には経済観念があると読んだ。積算型なら「使う理由を見つけてるはずだ(笑)」もしかしたらこの質問でだいたいクリアできるのかもしれない。

積算型と逆算型。たったこれだけの違いで人生の歩み方は大きく変わるのかもしれないな〜というお話でした。ダラダラとすいませんw

(昨日、強烈な積算型人間に会社を任せてしまって、エグイことになってる会社の社長と飲んでたので書きたくなりましたw)

 

PS:いつもfacebookでばかり書いてるので、Yogiboの話とかココで全く書いてないですね。すいません。できるだけ書くようにします。Yogiboとても評判が良くて嬉しいです!本日の日経MJ誌にご掲載いただき、明日は名古屋テレビ「ドデスカ!」でご紹介いただきます。感謝!

 


プリフロップ投資


大将です。

真面目に株式投資を始めよう!と頑張っているわけですが、先日非常に重要なことに気づきました。#ちょっとポーカーを知っている人向けの話になります
 

「ボード(気配値・板)見てたら勝てん(汗)」

です。 #ボードはポーカー用語です

先日mixi株を5030円で買い戻しておりストップ高になった翌朝から株価がどうなるか監視していました。前場が始まる前の気配値ですでに7000円を超えており、僕は

「7200円が今回の売り時」

と考えていましたので備えておりました。

しかし前場が始まるや否や、1時間以内でどんどん株価は下落し6600円ほどになり、まだ売り気配でした。
 

「これはやばい。寄り天ってやつか(汗)」 #寄った時が最高値


と考え慌てて6691円売ってしまいました。
 

し・か・し


その後予想通り7200円を一瞬タッチし、終値7000円ほどで引けました。

 

ゴゴゴゴゴゴゴ(怒)


その他、ギャンブル銘柄として投資したアドウェイズが先日下落し、監視中に僕の新ルール「-15%」を割りました。
 

「これはやばい(汗)」


と思い、マイルールに従いズバッと損切りしようと思い、注文ボタンを表示までさせていたのですが、その時ハッと気づきました。(最近損切りも好きですw)
 

まてよ・・・


俺のルールは・・・


終値ベースだろうが(汗)

 

結局注文ボタンを押すことなく、終値まで待つことにしました。その結果、損失ラインを割ることは無く、現在も -7.5%の損となっております。
 

そこで痛感しましたね。
 

「勝てる気がしねぇ。技術が違う(汗)」


世の中、短期売買をビジネスとする方々がいます。個人デイトレーダーや投資銀行ゴールドマン・サックスなどです。僕で言えばmixi株やスクウェア・エニックス株などで彼らとバトルすることになります。
 

勝てると思います?(笑)
 

いや、勝てる人もいるでしょうが、僕はデイトレーダーではなく中・長期投資家です。それを調子に乗って毎日ボード(板)を見てデイトレーダーのように売り買いを考えていたのが、そもそも間違いだったのです。
 

なんとなく株価は需給関係で動いているだけだと思っていましたが、ここにきて大間違いであることに気づきました。完全にいろいろ読まれています。これはもう完全に「ポーカー」です


●●●


ポーカーは運と技術のゲームです。

カンタンに例えるとポーカーは毎回2枚の手札が配られます(テキサスホールデムのルールはコチラ)。この手札の内容が「運」、その後のボード(フロップ・ターン・リバー)でのプレイが「技術」となります。(カンタンに言うとだよw)今回の件で、株式市場という名のポーカールームで僕には

 

手札以外の強みが無い事に気づきました
(ガーン)


いやいや、いいんですいいんです(涙)

自分が「弱い」と知ることも重要です。

弱いなりの戦略をとればいいだけなので。

 

それがタイトルにもある
「プリフロップ投資」です。

 

手札2枚でボードが開く前の状態をプリフロップと呼ぶのですが、その手札だけで勝負すれば良いのです。

ポーカーでは弱いプレイヤーが強いプレイヤーに勝つための方法で「ロングボール」という方法があります。シンプルに言えば手札2枚配られた段階で「オールイン(全額投入)」です。

どんなに強いプレイヤーでもオールインされてしまうと、それにコール(乗る)するかフォールド(降りる)しか選択肢がありません。ポーカーの上手い下手を無効にしてしまうことができます。

本当なら上手いプレイヤーはフロップ以降のプレイで相手をフォールド(降ろす)ことができます。これが「技術」です。しかし最初にオールインされてしまうとその技術が使えなくなるのです。

先日思い知らされたのはまさにこれ。
 


俺は降ろされてる(汗)

 

●●●

ポーカーではテーブルでスマホ触ってるだけでも怒られますが(海外)、マーケットでは遠慮なしです。高速売買システムやMIT・ハーバード出身のエリートオタクが作った高性能アルゴリズムが駆け巡っています。

 

そんな奴らを相手に、
 

「ソファーで寝転がりながらスマホで株買って喜んでる証券会社のCMに出てそうな奴が短期売買で勝てると思いますか?(笑)」


無理無理無理無理w

しかしそんなマーケットポーカー上級者と戦う方法、それが「プリフロップ投資」。もうね、アルゴリズムやら敏腕デイトレーダーやらに日中に何をやっていただいても結構です。
 

終値だけで判断します!


上手な相手には太刀打ちできませんし、企業に投資しているわけなので日中に売り買いを繰り返すのは投資ではなく投機です。

僕も儲かるとわかりきっている場合は拾いに行きますが、基本的には長い目で企業を応援するのが重要だと考えます。よい気付きを得ました。

せっかくですので、ここで世界一の投資家ウォーレン・バフェット先生の名言を一つ。


「今日や明日、来月に株価が上がろうが下がろうが、私にはどうでもいいのです。」


良い会社に投資していると確信しているならば、細かい動きはどうでも良くなりますね。

あ、もう一つありました。
 

「ポーカーをやり始めて20分たっても、まだ誰がカモかわからない人は、自分がカモなのだ。」


  • * 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`)

 

AJPC(全日本ポーカー選手権)のサイト運営を弊社ウェブシャークが行うことになりました!

いや〜 まさかAJPCのサイト運営をお願いされるとはw ポーカー好きもここまで来るとなかなかのものです。さすがIT業界最強ポーカー集団(ニヤリ)。ウェブマスターは僕の片腕「ポーカー道」の鮫肌が担当します。皆さま優しくしてあげてください。


 


才能とは「何に抵抗を感じないか」かも。


大将です。

人から「え〜 そんなこと(無茶)できるの?」って驚かれたりすることって誰にでもあると思うんですが、やってる本人はなんの違和感も無い事ってありますよねそれって、もしかしたらそれはあなたの「才能」なのかもしれません。

僕の場合、貯金が1000万あったとして事業投資に全額突っ込むことになんの抵抗はありません。しかしその反面、パチンコや競馬などには5000円でもすごくリスクと損失を感じます。

ポーカーでも海外で高いレートの席なんて恐ろしくて行けません。最大で2万円ぐらいです(笑)

お金の話だけじゃなく、例えば異性に対して抵抗を感じない人は当然出会いも多いでしょう。僕も女性に抵抗は無いのですがメールしたり電話したりするのが苦手です。

しかしこれが得意な人はきっと成約率も高いことでしょう(笑)女性だけじゃなくビジネスも同じですね。マメな人の成績は絶対良いでしょう。

運動に抵抗の無い人はある人より健康体でしょうし、喧嘩に抵抗の無い人は抵抗のある人より強いでしょう。このように人とは違う「抵抗を感じない」部分があなたの「才能」なのかもしれません。裏を返すと、

 

「抵抗を無くせれば才能開花!」


・・・と言えるかもしれません。
 

自分の得たい才能に関する抵抗を発見し、理詰めで原因と対策を考えればあなたの才能が一つ増えるかもしれません。苦手を全部克服するのではなく、部分的で良いんじゃないでしょうか

ま、口で言うのは簡単ですけどねw
 

いや〜 それにしても夜のおねーさん口説きたい(笑) 


( いつも夜中1時超えると家に帰りたくなる抵抗発動(笑)克服すべきか?!)


・・・冗談ですマイワイフ(汗)